「花粉症の基本情報」の記事一覧

2017年のスギ花粉情報 始まる時期・ピークはいつ?飛散量は多い?

sugihana

春が近付くにつれ気になるのがスギ花粉。2017年のスギ花粉情報をまとめてお届けします。今年は平年並みの気温の日が続いたため花粉の飛散開始の時期も平年並み。西日本や関東では2月上旬から2月中旬にかけて花粉シーズンが始まると予想されています。

子供の花粉症は何歳から?花粉症になる年齢の分布 0歳の赤ちゃんも?

children-231934_640

近年日本の花粉症患者は急増しており、16歳以下の子供の約30%が花粉症だといわれています。親がアレルギー体質だと遺伝により子供は花粉症を発症しやすく、何歳で花粉症になるのか気になるところ。早めに予防・対策して少しでも症状が出る時期を遅くしてあげたいですね。花粉症の子供の8割は10歳までに花粉症にかかるといわれており特に3歳~6歳が注意が必要です。

花粉症が少ない都道府県ランキング スギ花粉の時期の旅行ならこの地域

todofukenyubyosharitsu2

スギ花粉が多いシーズンに旅行するなら少しでも花粉の少ない地域に避難したいですね。花粉症が少ない順に全47都道府県をランキングにしてみました。花粉症の患者数が少ない地域は花粉を飛ばすスギの木も少ないはず!旅行先を選ぶ際などの参考にしてください。おすすめはスギの木がほとんどない「沖縄」「北海道」です。

冬の花粉症の原因 12月・1月・2月の時期の花粉の種類と対策

sugihana

冬は花粉の飛散が少ないシーズンです。特に12月は花粉を飛ばす植物がほぼなく、一年で最も快適に過ごせる時期でしょう。1月の下旬から2月になるとスギ花粉の飛散が始まるため、花粉症に備えて対策・準備を始める季節にしたいですね。多くの地域でスギ花粉による花粉症のピークは3月に入ってからですが、2月には多くの方が症状を感じているでしょう。

秋の花粉症の原因 9月・10月・11月の時期の花粉の種類と対策

yomogi

秋の花粉症の原因は草本植物が中心です。ピークは9月でイネ・ブタクサ・ヨモギ・カナムグラが中心となります。種類は多くありませんが、草の花粉症がある方は辛い季節です。暑さが和らぎ、11月にもなれば症状はかなり楽になると思われます。草本植物は花粉の飛散距離がそこまで長くないので、原っぱや田畑、河川敷に近付かないことが一番簡単な対策です。

夏の花粉症の原因 6月・7月・8月の時期の花粉の種類と対策

butakusa

夏の花粉症の原因はイネ花粉が中心です。本州では草が原因の花粉症が中心となります。原因となる種類の花粉が少ないため、症状が出る方は少ないようですが、草が抗原のアレルギーの方には辛い季節です。イネ科のカモガヤが5月から花粉を飛ばしており6月上旬はピーク、7月まで続きます。草本植物の花粉は遠くには飛ばないので近付かないことが一番の対策です。

春の花粉症の原因 3月・4月・5月の時期の花粉の種類と対策

sugi

春は樹木の花粉が多数飛散するため、多くの方が花粉症の症状に苦しむシーズンです。日本人が最も多いのがスギ花粉のアレルギー。スギ花粉は3月には北海道を除いた全国でピークを迎えます。4月にはヒノキ花粉がピークを迎え、5月には北海道でシラカバ花粉の飛散量が最盛期となります。木本植物から草本植物と花粉の種類も多く、症状が出る人が多い季節です。

2014年のスギ花粉情報 始まる時期・ピークはいつ?飛散量は多い?

2014

春が近付くにつれ気になるのがスギ花粉。2014年のスギ花粉情報をまとめてお届けします。予想では例年よりピークが遅く、飛散量は少ない地域が多いようです。ですが暖かい日が続いたため、少し早くシーズンが始まっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ