冬の花粉症の原因 12月・1月・2月の時期の花粉の種類と対策

sugihana冬は花粉の飛散が少ないシーズンです。

特に12月は花粉を飛ばす植物がほぼなく、一年で最も快適に過ごせる時期でしょう。

1月の下旬から2月になるとスギ花粉の飛散が始まるため、花粉症に備えて準備を始める季節にしたいですね。

九州の南部や東海・関東地方では早いシーズンには1月下旬から花粉の飛散が始まり、

2月の上旬から中旬には本格的な花粉症シーズンが始まります。

多くの地域でスギ花粉による花粉症のピークは3月に入ってからですが、2月には多くの方が症状を感じているでしょう。

冬の花粉症の対策

1月に入ったら花粉症の対策をはじめておきたいところです。

花粉の飛散が本格化し、花粉症が発症する前に病院に行っておきましょう。

症状が出始める前に薬を飲み始めたほうが、症状が緩和される場合があります。

今は市販薬でもいい薬が多いですが、この場合は必ず医師に処方してもらった薬を服用しましょう。

効果があるいう説があるお茶や乳酸菌の摂取を始めるならこの時期から。

空気清浄機を出したりマスクを買ったりもお早めに。

インフルエンザや風邪の流行などで手に入りにくくなることもあります。

ティッシュも柔らかいティッシュを多めに買っておきましょう。

この時期には花粉症対策グッズが多数発売され始めます。

メガネや空間除菌など色々用意してピークに備えましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ