春の花粉症の原因 3月・4月・5月の時期の花粉の種類と対策

sugi春は樹木の花粉が多数飛散するため、多くの方が花粉症の症状に苦しむシーズンです。

日本人が最も多いのがスギ花粉のアレルギー。

スギ花粉は3月には北海道を除いた全国でピークを迎えます。

春を代表する花粉です。

4月にはヒノキ花粉がピークを迎え、5月には北海道でシラカバ花粉の飛散量が最盛期となります。

3月・4月には榛の木(ハンノキ)の花粉が飛び始め、喘息などの症状が現れる人もいます。

5月にはイネ花粉も増加するため、草でも花粉症の症状が出る方も辛い季節です。

花粉の種類も多いため、大人から子供まで花粉症の症状が多くあわられる時期となります。

春の花粉症の対策

木本植物から草本植物と花粉の種類も多く、症状が出る人が多い季節です。

冬から備えておきたいスギ花粉、そして続けてヒノキ花粉とひどい方は3ヶ月中ずっと花粉症の症状に悩まされます。

症状を緩和するために冬のうちから対策をしておきたいところ。

早めの服薬が症状緩和に効果的だといわれていますのでシーズン前に病院に行っておきましょう。

通院により、花粉症の完治は難しいですが、重症化を防ぐ効果が期待できます。

シーズン中盤以降は市販薬でも効果が期待できます。

人気のアレグラなど眠くならず病院での処方薬同様効果が高い市販薬が増えています。

花粉を体につけないために、ナイロンなどの服やつばの広い帽子の着用がおすすめです。

室内に持ち込まないために服を払ってから家に入りましょう。

部屋の中は空気清浄機や水拭きで花粉を除去し、加湿器で湿度を上げて花粉を飛散させないことで過ごしやすくなります。

洗濯物はなるべく室内干しか乾燥機を使用しましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ