洗濯物の花粉対策 花粉症シーズンの部屋干しのコツ 早く乾かすには?

sentakubaasami洗濯物の花粉症対策に効果的な「部屋干し」

外に干すことで花粉が付着するのを防ぐ効果があります。

乾燥機が便利ではありますが経済的なのは部屋干しですね。

なかなか乾かないのでは?という方に早く乾く部屋干しのコツをまとめました。

ポイントとなるのは「湿度

除湿機など家電を使うなら狭い場所で、広い場所なら扇風機を使って干しましょう。

全部の洗濯物を干すスペースはない!という方も顔に触れるものは室内干しがおすすめ。

タオル類やトップスは花粉が付くと目鼻の症状が出やすいので部屋干ししたいですね。

最近は豊富なアイデアで部屋干しグッズが発売されているので活用してください。

スペースや乾く時間を考えて外干しと部屋干しをうまく使い分けましょう。

洗濯物の花粉対策 花粉症シーズンの部屋干しのコツ 早く乾かすには?

早く乾かすためにおすすめの場所は2つ!

なるべく広いスペース + 扇風機(サーキュレーター)

狭いスペース + 除湿機

広いスペースで湿気を分散させ湿度を下げるか、家電で湿度を下げるかの違いです。

除湿機を使うなら狭い場所で使ったほうが効果的です。

広いスペースだと効率が落ちてしまいます。

お風呂や脱衣所、ウォークインクローゼットなど狭い部屋に干しましょう。

洗濯物を干す部屋の換気扇・通気孔に注意

 お風呂場や部屋で干す場合は換気扇や換気口に注意が必要です。

 せっかく室内で干しても花粉が屋内に侵入して付着しやすい濡れた服についてしまいます。

 換気扇や通気孔にはフィルターを貼って花粉を除去しましょう。

 窓のサッシなどをよく見て確認してください。

除湿機は安いもので充分。

節約・節電などの機能がない方が洗濯物の近くにおいても威力が落ちません。

置く場所は洗濯物の真下、近いほうが効果があります。

除湿機がないなら広いスペースで湿気を拡散させるのが有効です。

部屋のドアも開けてなるべく広いスペースを作りましょう。

洗濯物の間隔を開けて風を通して干します。

サーキュレーターや扇風機の風を使って空気の流れを作ると乾くスピードが早くなります。

除湿機を使うなら狭いスペース、広い場所なら扇風機かサーキュレーターで風を

服に静電気が発生すると花粉が付着しやすくなります。

洗剤だけでなく柔軟剤を使うと静電気の発生を抑える効果があるのでおすすめです。

部屋干し用洗剤と柔軟剤をセットで使用しましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ