夏の花粉症の原因 6月・7月・8月の時期の花粉の種類と対策

butakusa夏の花粉症の原因はイネ花粉が中心です。

6月は北海道でシラカバ花粉のピークがまだ続いていますが、本州の杉・ヒノキ花粉はすでに終わっています。

本州では草、草本植物が原因の花粉症が中心となります。

原因となる種類の花粉が少ないため、症状が出る方は少ないようですが、草が抗原のアレルギーの方には辛い季節です。

イネ科のカモガヤが5月から花粉を飛ばしており6月上旬はピーク、7月まで続きます。

同じ時期にハルガヤも花粉の飛散の最盛期を向かえ、オオアワガエリが6月・7月に花粉のピークとなります。

イネは8月・9月がピークですが、飛散量はそれほど多くはありません。

8月下旬になるとススキなど秋がピークの花粉が飛び始め2度目のピークを迎えます。

8月はキク科のブタクサもピークとなります。

写真がブタクサです。

夏の花粉症の対策と症状

夏から秋のの花粉はイネ科の草本植物が中心となります。

イネ・ブタクサの花粉症の症状はスギ・ヒノキなどの木本植物同様、目のかゆみやくしゃみなど目鼻に現れます。

イネ花粉は肌のかゆみが出やすい花粉でもあります。

樹木である木本植物は風に乗せて遠くまで花粉を飛ばしますが、草本植物の花粉は遠くには飛びません。

多くの花粉は数10mの範囲にしか飛散しないので、近付かないことが一番の対策です。

河川敷や原っぱなどに近付かないようにしましょう。

田畑や川があり、原因植物が近い場合は窓に花粉対策のフィルターを貼る等、侵入を防ぐ工夫をしたほうが快適です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ